K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

時刻表を使って詳細な旅程を組み立てよう! ~青春18きっぷ活用法(2)~

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

夏の善光寺平

前回の「まずは目的・日程からざっくりとしたプランニングを! ~青春18きっぷ活用法(1)~」 で、おおまかな旅程が決まったと思いますので、次は、いよいよ時刻表を使って詳細な旅程を組み立てていきましょう。

時刻表を用意しよう

時刻表を使って列車の時刻を調べて、旅程を組み立てていきます。

紙の時刻表を用意しよう

まずは時刻表を用意しないと始まりません。昔は書店で紙の時刻表を買ってくるのが普通でしたが、現在は鉄道各社がWebサイトに時刻表を掲載していますし、乗り換え案内や時刻表をまとめたサイトも充実していますので、それを利用してもよいでしょう。

ただし、複雑な乗り継ぎを検討する場合は、一覧性の高い紙の時刻表があったほうがやりやすいでしょう。汽車旅に持参することを考えると、大判のものではなく、小型の時刻表のほうがよいと思います。

小型の時刻表としては、いずれも交通新聞社が発行している以下の2つがメジャーです。

コンパス時刻表のほうは、JR線の全線全駅が掲載されています。一方、小型全国時刻表は、JR線は一部の駅が掲載されていませんが、コンパス時刻表よりも小型で持ち運びやすいのが特徴です。

小型全国時刻表でも、乗換駅などの主要駅は掲載されていますので、いくつかの路線を乗り継ぐ汽車旅であれば、小型全国時刻表で十分でしょう。

ローカル線などで、ふらっと途中下車するような旅をしたい場合は、全駅の時刻が掲載されているコンパス時刻表のほうがよいかもしれません。

インターネット上の路線検索サービスも併用しよう

想定している経路を普通列車だけで乗り継いだらどれくらい時間がかかるのか、ざっくりと知りたい場合には、インターネット上の路線検索サービスを活用するのもおすすめです。

各社がさまざまな路線検索サービスを提供していますが、個人的に最もよく利用しているのは、JTBパブリッシングが運営しているるるぶ.comの 交通・経路検索 です。

るるぶ.com の 交通・経路検索は、

  • 経由駅をたくさん指定できる
  • 新幹線、特急列車の利用有無が指定できる

という機能があり、青春18きっぷで乗り継ぐ場合には重宝します。特に、経由駅をたくさん指定できる機能は、乗りたい路線が決まっている場合にはおすすめです。

時刻表を見ながら詳細な旅程を検討しよう

いよいよ時刻表を見ながら旅程を組み立てていきます。

その日の出発駅から到着駅まで、順番に時刻表を見ながら乗り継ぎを決めていってもよいですが、以下のような順番で考えていくのが効率が良くおすすめです。

  1. インターネット上の路線検索サービスを利用して、出発駅から到着駅までどのくらい時間がかかるかを求める
  2. どうしても外せない観光地での観光時間、乗りたい列車・路線の時刻を軸に、時刻表を利用してその前後の列車の時刻を決める

まず、出発駅から到着駅まで、想定している経路で、現実的な時間内に到着できるのかを1.で確認します。この時点では、ざっくりとどのくらいの時間がかかるかがわかればよいので、インターネット上の路線検索サービスが役に立ちます。

ここで、あまりにも時間を要するようであれば、経路の変更、出発駅・到着駅(たいていは宿泊地)の変更を検討しましょう。あるいは、一部区間で新幹線や特急列車の利用を検討するのもよいでしょう。

次に、2. で時刻表を使って、具体的にどの列車に乗るのかを検討していきます。

ここでのポイントは、絶対に立ち寄りたい観光地でどのくらい観光時間を取りたいのか、乗りたい観光列車があるのであればその時刻 を軸に、前後の列車を決めていくということです。これが明確になっていれば、その前後の列車は自然に決まると思います。

具体例

夏の白馬

具体的な例で説明しましょう。

2012年の夏に、青春18きっぷを利用して、東京から長野(リゾートビューふるさと・白馬観光)~北陸を旅した時の旅程です。(北陸新幹線開業前の当時の時刻ですので、現在は変わっていると思います。)

  • 大宮 07:18 - 長野 08:43 (あさま503号)
  • 長野 09:03 - 白馬 12:25 (リゾートビューふるさと)
  • 白馬観光(3時間程度)
  • 白馬 15:44 - 南小谷 16:02(大糸線)
  • 南小谷 16:11 - 糸魚川 17:09(大糸線)
  • 糸魚川 18:12 - 富山 19:25(北陸本線)

このときは、2日目の旅程を考慮して、1日目の宿泊地を富山に決めました。また、1日目は、観光列車「リゾートビューふるさと」の乗車と、夏の白馬での観光 を主目的としました。

まず、リゾートビューふるさとの長野発が9時03分ですので、自宅のある首都圏からは、前日中に長野に入っておくか、当日朝の新幹線で長野に行く必要があります。このときは休暇の関係で、当日朝の新幹線を選択しました。

その後、リゾートビューふるさとを白馬で下車して、白馬で昼食と観光です。ここでは3時間ほど観光の時間を確保したかったので、白馬発を15時44分の列車に決めました。あとは、大糸線~北陸本線(現在はえちごトキめき鉄道・あいの風とやま鉄道)と乗り継いで、富山着19時25分となりました。

これで、基本的な行程が完成したと思います。次は、必要なきっぷと宿の手配です。(つづく)

関連記事