読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

元旦は青春18きっぷより乗り放題きっぷ? JR西日本・JR九州が発売

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

門司港駅

JR西日本とJR九州が、それぞれ元旦に限り自社線内の新幹線・特急を含めた全線乗り放題のきっぷを発売します。元旦しか利用できませんが、少し遅い帰省に使えるほか、冬休みの汽車旅にもお得に使えそうです。こども用の価格がかなり安く設定されているので、家族でのお出かけにもおすすめです。

元旦限りの乗り放題きっぷとは?

JR西日本とJR九州が発売する元旦限り有効の乗り放題きっぷです。青春18きっぷよりかなり高いですが、新幹線や特急列車にも乗車できる のが特徴です。

元日・JR西日本乗り放題きっぷ2017(JR西日本)

  • 利用期間: 2017年1月1日のみ
  • 発売期間: 2016年12月11日~12月30日(発売期間に要注意!
  • フリーエリア: JR西日本全線(新幹線・特急列車含む)・智頭急行線全線・JR西日本宮島フェリー
  • 指定席を4回まで利用可能
  • お値段: 普通車用(おとな15,500円,ことも3,000円),グリーン車用(おとな17,500円,こども5,000円),こども用のみでの利用は不可

詳細はJR西日本のサイトをご覧ください。 www.westjr.co.jp

指定席に4回まで乗車できるのがうれしいですね。JR西日本はエリアが広く、東側は新潟県の上越妙高駅から、西は福岡県の博多駅まで乗車できます。新幹線以外にも多くの特急列車が走っていますので、上手に使えばかなり使い出がありそうです。

普通車用とグリーン車用の差がたった2000円ですので、グリーン車用を奮発してもよいかもしれませんね。

初乗り!お年玉乗り放題きっぷ(JR九州)

  • 利用期間: 2017年1月1日のみ
  • 発売期間: 2016年12月12日~12月30日(発売期間に要注意!
  • フリーエリア: JR九州全線(新幹線・特急列車含む)の自由席に乗り放題
  • お値段: おとな13,000円,ことも2,000円(こども用はおとなと同一行程のときのみ有効)

詳細はJR九州のサイトをご覧ください。 http://www.jrkyushu-kippu.jp/fare/ticket/199www.jrkyushu-kippu.jp

JR九州の乗り放題きっぷは自由席のみ乗車可能です。九州新幹線以外にも、在来線特急があちこちに走っていますから、すぐに元はとれそうですね。こども用が2,000円と破格ですので、ご家族でも帰省や旅行、少し遠いところへの初詣にも使えそうです。

乗り鉄的おすすめの利用方法

こども用の価格からして、明らかに家族での利用を狙った設定のきっぷですが、ここでは乗り鉄的におすすめの利用方法を考えてみます。

JR西日本用では、2018年3月末で廃止になる三江線の乗りおさめに利用するのはいかがでしょうか? 三江線には特急列車は走っていませんが、三江線までのアクセスに、山陽新幹線や山陰本線の特急列車が利用できます。ただ、三江線の南側の起点の三次までは普通列車しかありませんので、元が取れるかは微妙かもしれません。

また、関西方面の方は、北陸新幹線の初乗りにもちょうどよいかもしれません。大阪から金沢までは特急サンダーバード、金沢から北陸新幹線に乗り継げます。

JR九州用は、日本三大車窓の一つ、矢岳越えがある肥薩線への訪問がよいかもしれません。肥薩線までのアクセスに、九州新幹線(新八代)や、日豊本線の特急列車(きりしま・にちりん等)が利用できます。特急に乗りまくりたいのであれば、九州新幹線~日豊本線で九州一周の旅もありですね。どこかで途中下車して初詣をするのがよさそうです。

元旦のみ有効のきっぷですが、利用方法はいろいろと考えられそうです。JRとしては、帰省ラッシュ・Uターンラッシュの間の比較的空いている元旦を狙った設定なのだと思いますが、汽車旅好きには2017年の初乗りにちょうどよいきっぷですので、お出かけの予定のある方は利用を考えてみてください。