K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

カシオペアが上野~札幌を走る! 北海道へは2月でラストラン!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

大沼越しに見る駒ケ岳

カシオペア(E26系)を利用したツアー専用の団体臨時列車の運転計画が発表されました。1月、2月は、上野~札幌を毎週末1往復走るようです。残念ながら、カシオペア編成の北海道への運転は、2月で最後となることも発表されました。

北海道へはラストラン!

カシオペアは、2016年3月まで、臨時列車として上野~札幌を週に2~3往復していました。1編成しかないために毎日運転ではなく、臨時列車の扱いでしたが、ほぼコンスタントに運転されていましたので、定期列車といってもよいと思います。

北海道新幹線開業を機に廃止され、それ以降は、ツアー専用の列車として、主に東北地方や北海道で運転されていました。今回の発表も同様のものですが、北海道への運転が終了する ことが発表されています。

1月~2月は、上野~札幌を週末に1往復 する計画になっています。土曜日に上野発札幌行き、日曜日に札幌発上野行きとなります。詳細は、下記リンク先のニュースリリースをご覧ください。

E26系「カシオペア」車両を使用した臨時列車の運転について(JR東日本ニュースリリース, 2016年12月6日, PDFファイル)

運転時刻は廃止前のカシオペアとほぼ同じ、廃止前の雰囲気が味わえるかも?

運転時刻は、以下の通りです。

  • 下り(上野→札幌): 上野16:20発,札幌翌11:15着
  • 上り(札幌→上野): 札幌16:38発,上野翌11:52着

廃止前のカシオペアとほぼ同じ運転時刻 です。下りは全く同じ時刻ですね。旅行商品のため、気軽に乗れるわけではないですが、往年のカシオペアの雰囲気 が味わえるかもしれませんね。

それにしても、ここまで頻繁に、しかもほぼ同じ時刻で走らせるのであれば、「寝台特急カシオペア」を廃止しなくてもよかったのでは? と思ったのは私だけではないでしょう。青函トンネルの保線作業の時間を確保するため、コンスタントに運転するのは難しいということだったかと思いますが、これなら、毎日とはいかなくても、週末を中心に、週に1~2往復は運転できるのではないかと思ってしまいました。

四季島運転開始後のカシオペア編成の行方は?

JR東日本では、豪華列車「トランスイート四季島」 の運行を2017年5月から開始します。そうなると、豪華列車の旅は四季島が引き受けることになりますので、カシオペア編成をどのように活用していくのかが気になります。個人的には、乗車券と寝台券で乗車できる臨時列車として運転してほしいと思いますが、全室二人用個室という編成からすると、これまでどおり、ツアー専用の団体臨時列車として運転される可能性が高いように思います。 北海道へ運転されないのは何とも残念ではありますが…。

来年は、四季島に加えて、JR西日本の TWILIGHT EXPRESS 瑞風 も運転を開始します。寝台列車の旅がどのように変わっていくのか、興味は尽きません。

関連記事

www.kzlifelog.com