読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

紅葉の大沼公園を散策 ~大沼・函館旅行(2)~

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

大沼国定公園

新函館北斗駅からは、函館本線の特急「北斗13号」で大沼公園へ向かいます。旅行の初日は大沼公園の観光に充てていましたが、北海道は季節外れの真冬なような寒さ。帯広では大雪とのことなので、こちらは雪が降っていないだけまだマシですが…。

こじんまりとした新函館北斗駅

新函館北斗駅は、新幹線の終着駅ですが、新青森などと比べると、かなりこじんまりとした印象です。小さなお土産屋とカフェがあるくらいです。函館方面へは、10分ほどの乗り継ぎで「はこだてライナー」が走っていることもあり、この駅での滞在時間はかなり短いものとして設計されているのかもしれません。

はやぶさ11号から下車した客も、大半ははこだてライナーに乗り継いで行きました。私たちは大沼公園へ向かうため、乗り継ぎ時間が30分ほどありましたので、駅を見学してみました。

改札口を出た通路からは、新幹線のホームが頭上から見下ろせるように、ガラス張りになっています。ここまで乗ってきたE5系電車が回送となって車庫へ引き上げていくと、珍しい車両がやってきました。

East-i

East-iというJR東日本の新幹線用の総合試験車です。何度か見かけたことはありましたが、まさかこんなところでお目にかかるとは思っていませんでした。

大沼公園までの乗車券260円+自由席特急券310円を購入して、在来線ホームへ。在来線ホームの上にかかる通路からは、北海道新幹線と函館本線の線路が見渡せます。

新函館北斗駅からの景色

左側の北海道新幹線の線路には車止めが見えますが、高架橋はわずかに先へと続いています。この線路が札幌までつながるのはいつになるのでしょうか?

北斗11号に一駅のみ乗車

大沼公園へは、特急北斗11号で一駅、9分で到着します。特急を利用するような距離ではないのですが、普通列車は本数が極めて少ないため、時間節約のためにはやむをえません。

JR北海道 キハ183系

年季の入ったディーゼルカー、キハ183系に乗車します。時間が中途半端なためか、自由席車も空いています。大沼駅を通過し、仁山方面への分岐を過ぎると、すぐに大沼公園に到着です。数名の乗客とともに下車しました。

真冬のような寒さの大沼公園を散策

大沼公園到着時には小雨が降っていましたが、しばらくすると止んで日が差してきたため、大沼公園の散策に出かけます。それにしても寒い! 駅前の観光案内所の温度計は5℃を指しています。東京では真冬並みの寒さです。

大沼公園は、昭和33年に国定公園に指定された公園で、正式名称は「大沼国定公園」です。駒ケ岳と、駒ケ岳の噴火でできた大沼、小沼等の大小の湖沼群、その周辺地域が国定公園に指定されています。

onumakouen.com

なにはともあれ、天気が悪くならないうちに散策へ出かけましょう。

大沼公園の紅葉

かなり散り始めていますが、まだ紅葉が見られました。往路の新幹線車内から見たところ、北東北あたりでも紅葉がかなり進んでいましたので、大沼公園はもう終わっているかと思いましたが、そうでもないようでした。

大沼公園から望む駒ケ岳

いくつかある散策路のうち、「大島の路」という散策路を歩いてみました。小さな橋を渡って島に渡ると、大沼越しに駒ケ岳が見渡せるスポットがあります。手前の小さな岩は、駒ケ岳が噴火したときに噴出した溶岩が固まったものだそうです。あいにく山頂に雲がかかってしまいましたが、山麓の紅葉と青空が対照的でとても美しい景色でした。

千の風モニュメント

散策路の途中には、名曲「千の風になって」が大沼で作られたことを記念する「千の風モニュメント」がありました。

大沼公園から望む駒ケ岳2

大沼公園広場に戻ると、駒ケ岳にかかっていた雲が少し晴れていたのでもう一枚。中腹から上はすでに雪をかぶっています。大沼の季節は、晩秋から初冬へ移り変わっているところでしょうか。

函館大沼プリンスホテルに宿泊

今日の宿は、大沼公園から車で10分ほどのところにある「函館大沼プリンスホテル」です。

www.princehotels.co.jp

大沼公園駅に戻ると、ちょうど無料送迎バスがやってきたので乗り込みます。函館本線の踏切を渡って、小沼の北岸沿いにしばらく走るとホテルに到着しました。

さっそくチェックインします。季節外れのためか、ホテルは閑散としていますが、夜8時頃に団体さんが到着する予定だとか。そのためか、部屋をアップグレードしてくれたようで、大きな窓から駒ケ岳が望めました。

ホテルの部屋から望む駒ケ岳

夕食にシェフのおすすめディナーのコースをいただき、温泉に入って就寝。翌朝の朝食はバイキング形式で、かなり種類がありました。さすがにリゾートホテルだけあって、食事、設備ともに満足しました。オンシーズンではないせいか、かなりリーズナブルに泊まれたので大満足でした。

関連記事

www.kzlifelog.com