K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

冬の青春18きっぷで乗りたい臨時列車

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

ゾートしらかみ くまげら編成

10月21日(金)、JR各社は今冬(12月~2月)の臨時列車の概要を発表しました。また、冬の青春18きっぷは12月10日~1月10日で利用できます。この冬、青春18きっぷで乗りにいきたい臨時列車を(個人的な主観をもとに)紹介してみます。

夜行快速列車

数年前まではそれなりに各地で運転されていた夜行快速列車ですが、現在は定期列車は消滅、臨時列車として運転される列車も風前の灯となっています。それでも、今のところ残存している2つの列車は、今冬も無事運転されるようです。

ムーンライトながら(東京~大垣)

東海道本線を走るおなじみの夜行列車です。大垣行きは12/22~1/2発、東京行きは12/23~1/3発で運転されます。車両は185系10両編成でで、全席指定となっています。年末年始の帰省・Uターンに利用する人も多いでしょうから、狙っている方は早めに指定券を確保したほうがよさそうです。

ムーンライト信州91号(新宿~白馬)

運転日は少ないながら、しぶとく残ってくれているのが ムーンライト信州 です。中央本線~大糸線を走る夜行快速列車で、今冬は12/22, 29, 30の三日間、新宿発白馬行きのみ運転されます。

以前、夏の青春18きっぷシーズンに乗車したことがありますが、そのときは登山客が多かったです。この列車のルーツは、もともと中央本線を走っていた夜行の普通列車ですが、その後、急行アルプスとなり、現在のムーンライト信州につながっています。夏場は登山客が多いのはわかるのですが、年末の設定は白馬などへのスキー客や帰省客向けでしょうか?

この列車、特急あずさとほぼ同じ駅に停車するダイヤになっています。深夜2時台や3時台に停車する駅も多くあるためか、車内は減光されません。明るいところでは眠れない方は、アイマスクなど用意されたほうがよいかと思います。私が乗った時も、ほとんど眠れませんでした…。

リゾート列車

観光専用の車両を利用したリゾート列車は、今冬もコンスタントに運転されます。私が良く利用する 「きらきらうえつ」(新潟~酒田)、「リゾートビューふるさと」(長野~松本~南小谷)、「リゾートしらかみ」(青森・弘前~秋田)、「リゾートみのり」(仙台~新庄) は運転日数も多く、青春18きっぷでの旅行に利用できそうです。そんな中、運転日が限られている珍しい臨時列車をいくつか紹介してみましょう。

リゾートビュー星空(小諸~野辺山,12/17のみ運転)

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさとの車両を利用した臨時列車で、小海線の小諸~野辺山を1往復します。野辺山着が17:54、野辺山発が20:03という運転時刻の設定と、この列車の名称からすると、野辺山での星空観測用の列車 のようですね。野辺山は天文台もある場所ですし(電波天文台ですが…)、周囲を山に囲まれていて都市の光害も少ないので、晴れれば素晴らしい星空が見られると思います。ただ、この時期に晴れるかどうかは、かなり運の要素があるようにも思います。

安曇野イルミネーション(茅野~豊科,12/18のみ運転)

こちらもリゾートビューふるさとの車両を利用した臨時列車です。「安曇野イルミネーション」という名称の由来は、国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)で開催される 『光の森のページェント』 というイルミネーションのようです。この国営公園の最寄り駅が豊科駅です。豊科着18:04、豊科発21:01ですので、このイルミネーションを見学するための列車ですね。

国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高地区

10/21時点ではまだ詳しい情報は出ていませんが、バナーで今冬も開催するとの予告は出ていますね。冬の安曇野でのイルミネーションなんて、とても魅力的です。

以上、冬の青春18きっぷで乗車できる臨時列車を紹介しました。いずれも全席指定の列車ですので、乗車したい方は早めに指定券を確保したほうがよいと思います。

今冬の臨時列車の詳細は、下記のJR東日本のリリースをご覧ください。

JR東日本 冬の増発列車のお知らせ