読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

ぐんまワンデー世界遺産パスで紅葉狩りへ行こう!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

車窓からの紅葉

そろそろ北のほうから紅葉が始まってきていますね。汽車旅の目的の一つとして紅葉狩りがあると思います。車窓を彩る紅葉を眺めながら、のんびり汽車旅を楽しむのもいいですよね。

関東地方では、紅葉は10月下旬~11月下旬くらいが見頃のところが多いですが、この時期は青春18きっぷや秋の乗り放題パスなどが使えないんですよね。そこで、紅葉狩りに使えそうなおトクなきっぷと、おすすめの路線を紹介したいと思います。

ぐんまワンデー世界遺産パス

首都圏から日帰りで汽車旅&紅葉狩りに行くのであれば、北関東方面が候補に挙がりますが、そんなときには『ぐんまワンデー世界遺産パス』がおすすめです。

きっぷの概要は以下の通りです。詳細はJR東日本のWebサイトをご覧ください。

  • フリーエリアは、群馬県内のJR在来線(高崎線深谷以北、上越線高崎~土合、吾妻線、両毛線、八高線群馬藤岡以北、新幹線高崎~安中榛名・上毛高原)、東武線、上信電鉄、上毛電気鉄道、わたらせ渓谷鉄道(桐生~沢入)
  • 上記フリーエリア内の普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り放題
  • 特急列車(上記エリアの新幹線含む)、SLなどは、別に特急券や指定席券を交流すれば利用可能
  • 利用期間:2016年7月1日~12月31日(1日間有効)
  • 発売期間:利用日の1か月前から当日まで
  • 発売場所:フリーエリア内のJR線の主な駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザ、主な旅行会社
  • 値段: おとな2100円、ことも1050円

(参考)JR東日本高崎支社「ぐんまワンデー世界遺産パス」[PDF]

上記の通り、フリーエリアが群馬県内ほぼ全域に渡っていて、JR線以外にも東武線やローカル私鉄にも乗車できますので、かなりおトクなきっぷだと思います。

プランニング上の注意としては、当日購入が可能ですが、発売箇所がフリーエリア内のJR線の主な駅に限られていることです。どこでこのきっぷを購入するかをよく考えて旅程を組んだほうがよいかと思います。例えば、東京から高崎線で群馬県へ入る場合、フリーエリアをフル活用しようとすると、フリーエリア南端の深谷駅で下車して購入する必要があります。これははっきりいって面倒なので、フリーエリア外でも購入できるようにしてほしいですね。

紅葉狩りにおすすめの路線

吾妻線(渋川~大前)

群馬県の北部を東西に走る路線です。ほぼ全線にわたって山間部を走りますので、紅葉も美しいのではないかと思います。途中、草津温泉をはじめ、四万温泉、川原湯温泉などの温泉地が点在していますので、途中下車して、紅葉狩り+日帰り温泉なんていうのもよさそうですね。

途中、岩島~長野原草津口の間は、八ッ場ダム建設のために2014年に付け替えられた新線で、乗車しているといきなり立派な高架区間に入りますのでよくわかります。

特急草津や、臨時ですがリゾートやまどりも頻繁に走っていますので、普通列車に疲れたら乗ってみるのもよいでしょう。

わたらせ渓谷鉄道(桐生~沢入…間藤)

わたらせ渓谷鉄道のディーゼルカー

両毛線の桐生~間藤を結ぶ非電化ローカル線です。渡良瀬川沿いの渓谷を走るので、川と紅葉の車窓が楽しめます。紅葉以外にも、足尾駅では足尾銅山の廃坑を利用した「足尾銅山観光」、神戸(ごうど)駅では廃車になった東武特急車両を利用した「レストラン清流」、水沼駅では「水沼駅温泉センター」などのスポットが楽しめます。

ぐんま世界遺産ワンデーパスでは、途中の沢入までしか乗車できません。また、トロッコ列車にも乗車できません。わたらせ渓谷鉄道を中心に乗りたい場合は、わたらせ渓谷鉄道が一日乗り放題になる「一日フリーきっぷ」(おとな1850円)がおすすめです。こちらであれば、全線乗り放題+整理券を買えばトロッコ列車にも乗車できます。

上越線(渋川~水上~土合)

上越線も紅葉を楽しむにはおすすめです。渋川あたりから利根川に沿って山間部に分け入ります。水上までくると、すっかりと山に囲まれていますので、紅葉狩りにはちょうどよいかと思います。高崎~水上間は、週末を中心にSL列車が走っていますので、SLの引く客車から紅葉を楽しむのも贅沢ですね。

また、水上から路線バスで20分ほどのところに、谷川岳ロープウェイがあり、天神平までロープウェイとリフトで登れます。ここからの谷川岳の景色はとても素晴らしいので、天気がよければおすすめです。標高が高いので、10月上旬でもかなり紅葉が進んでいるようです。

以上、ぐんまワンデー世界遺産パスでおすすめの紅葉狩り路線でした。

関連記事

www.kzlifelog.com