K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

東北18きっぷ旅 2015夏(2) リゾートしらかみで五能線の絶景を満喫!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

リゾートしらかみ橅編成

ここからようやく青春18きっぷの出番です。青森からは、五能線を走る快速リゾートしらかみ4号に乗車します。

リゾートしらかみで18きっぷ旅をスタート!

五能線は大好きで、リゾートしらかみにも、もう何度も乗っていますが、何度乗ってもいいものはいいです! それに、観光シーズン中はほぼ毎日、しかも3往復も走っているので、18きっぷ旅でもとても使いやすい列車です。今回は、3編成あるうちの、キハ48系「くまげら」編成です。ローカル線の旅には気動車が似合いますね。

青森を13時54分に出発、青森の市街地を抜けるとすぐに田園風景が広がります。弘前まで奥羽本線を走り、分岐駅である川部まで戻って、ようやく五能線へ。このあたりまでくると、おなじみの田んぼに代わって、リンゴの木が車窓を賑わします。五能線というと日本海の絶景を思い浮かべますが、岩木山とリンゴ畑の風景も好きです。

鯵ヶ沢を出ると日本海の絶景が…

青森から1時間半以上かかって、ようやく鯵ヶ沢に到着。ここから日本海に沿って80km以上走る絶景区間へ突入です。

五能線の線路は、入り組んだ海岸線に律儀に沿って敷かれているため、カーブが多く、スピードが出ません。道路と並行しているところではどんどんクルマに抜かれてしまいます。それでも、この日本海の絶景を楽しむにはちょうどよい速度です。ちなみに、リゾートしらかみの指定席では、A席が海側ですので、日本海の絶景を楽しみたい方はA席を確保しましょう。

 

五能線から見た日本海

 ところどころでこんな景色が見られます。夏なので海はいたって静かですが、海岸線は変化に富んでいます。岩が突き出した荒々しい海岸線があったかと思うと、湾の奥には小さな漁港があったりして、景色を見ていて飽きません。

 

五能線から見た日本海

どうやってできたのか、不思議な形の岩もあちこちに見られます。こんな景色が2時間も続くのですから、何度乗っても飽きないわけです。

もう一つ、時間があえば、日本海に沈む夕日が眺められますが、真夏のこの時期では、リゾートしらかみ4号では少し早すぎるようです。夏場に夕日を眺めたいなら、もう1本あとの6号のほうがおすすめですね。

 

奥羽本線から見た夕日

五能線は東能代までで、ここから奥羽本線に入るため、進行方向が変わります。座席を回転させて、秋田までの残り1時間ほどの汽車旅を楽しみます。このあたりまで来ると、日本海からはだいぶ離れ、濃い緑色の稲穂が広がります。ちょうど日没となりました。八郎潟を右手に眺め、男鹿線との合流駅、追分を過ぎると、秋田に19時ちょうどに到着しました。

秋田名物 いぶりがっこと稲庭うどん

秋田名物稲庭うどん

今日は秋田に宿泊です。ホテルに荷物を置いて、早速、夕食に秋田名物を食べに出かけます。駅近くのうどん屋で、いぶりがっこをつまみ、稲庭うどんのセットをいただきました。稲庭うどんのつるつるした触感が美味でした。

今日はここまで(つづく)。

関連記事

www.kzlifelog.com