読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

立山黒部アルペンルート 旅行記(4) ガイド付きで室堂散策

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

f:id:kzlife:20160821195355j:plain

予約した15時過ぎのバスに乗り込み、室堂平へ。バスは半分くらいしか乗客がいません。この時間から室堂に向かう人たちは、おそらく室堂のどこかで宿泊するのでしょう。

バスはくねった山道をどんどん高度を上げていきます。このへんまで来ると高い木はほとんどなく、見晴らしもよくなってきました。景色を楽しみながら、30分弱で室堂ターミナルに到着です。

ホテルのガイドつき散策へ

今日、宿泊するホテル立山は、バスが到着する室堂ターミナルの上階にあります。荷物を置きたいのでとりあえずホテルにチェックイン。ようやく一息つきます。

フロントの掲示板を見ると、16時半からガイド付きの散策ツアーがあり、無料で参加できるそうです。室堂の散策は明朝にしようと思っていましたが、夕食までまだ時間もあるので、参加することにしました。

集合場所のロビーに行くと、すでにたくさんの人が集まっていました。ロビーでホテルのガイドさんの説明を少し聞いて、早速散策に出発! もう夕方ですが、ホテルの前はまだ観光客でにぎわっています。まずは、ミクリガ池に向けてゆっくり歩いていきます。途中、ガイドさんが高山植物を一つずつ説明してくれます。

弥陀ヶ原に比べると高山植物の種類も数も多いようです。

f:id:kzlife:20160821194846j:plain

ホテルからミクリガ池に向かう途中で見つけた高山植物。紫色のがヨツバシオガマ、後ろのほうの薄い青色の花はミヤマリンドウでしょうか。花が小さくてあまり目立ちませんが、よく見ると散策路から見える範囲にもあちこちに咲いています。

 

f:id:kzlife:20160821195202j:plain

 これはチングルマ。あちこちで群生しているのを見かけました。

 

f:id:kzlife:20160821195532j:plain

 高山植物を鑑賞しながら、30分ほどのんびり歩いてミクリガ池に到着。アルペンルートというと、このミクリガ池の写真がよく紹介されていますが、室堂ターミナルからすぐの距離にあります。こんな絶景を気軽に見られるのがアルペンルートの魅力ですね。

このあたりで解散し、あとは各自で散策。このあと、ミクリガ池をぐるっと回って、ホテルに帰ることにします。

f:id:kzlife:20160821200159j:plain

ミクリガ池の東側にあるミドリガ池。ミクリガ池よりもずっと小さいですが、後ろに立山三山と呼ばれる山々がよく見えます。雲がかかっていて頂上は見えませんでしたが…。

ホテルに帰るともう18時近くになっていて、あたりも少し暗くなってきました。観光客の姿もいつの間にかまばらになっています。すでに高原バスの最終便が終わっているので、いま残っている人たちは室堂に泊まるのでしょう。この落ち着いた雰囲気を味わえるのも、室堂に宿泊するメ醍醐味の一つですね。(つづく)

関連記事